九州旅客鉄道株式会社 JR九州WEB会員サービス

便利!おトク!JR九州インターネット列車予約

きっぷのお支払いは、ウェブ上で手続きが行える
「クレジットカード決済」が大変便利です。

  • ※お支払いは、「ウェブ上でのクレジットカード決済」、「コンビニ・銀行ATMでの現金決済」、「駅での現金・クレジットカード決済」からお選びいただけます。
  • ※「ウェブ上でのクレジットカード決済」には、ご本人名義のクレジットカード情報をご登録ください。

ご予約のきっぷは、JR九州の「みどりの窓口」
「指定席券売機」
でお受取りください。

  • ※一部のきっぷは、JR西日本の駅でも受取りできます。
  • ※JR北海道・東日本・東海・四国ではきっぷの受取りはできません。
  • クレジットカードで決済したきっぷの受取りには、決済に使用したクレジットカード【Web会員様ご本人名義】が必要です。

おトクな情報をいち早くお届け!!
JR九州のメールマガジン

会員さま«限定»のシークレットキャンペーンやプレゼントなどの情報をメールマガジンでお知らせしています。
ネット予約もJQカードもSUGOCAも、JR九州のおトク情報はこのメルマガにおまかせ!ぜひご登録ください♪

【JR九州Web会員規約】

九州旅客鉄道株式会社(以下「当社」といいます。)は、当社が運営する「JR九州ホームページ」(以下「当社のサイト」といいます。)上で提供する会員ID及びパスワードを利用したすべてのサービス(以下「会員サービス」といいます。)を受ける個人(以下「会員」といいます。)のご利用について、以下のとおり「JR九州Web会員規約」(以下「会員規約」といいます。)を定めます。

(適用範囲)

第1条
会員規約は当社のサイトにおける会員サービスのご利用について、当社と会員に適用されるものとします。
2
当社及び当社のサイトにおいて商品又は会員サービス等を提供する企業等(以下「会員サービス提供者」といいます。)が別途、個別規定を設定する場合があります。この場合、当該個別規定は会員規約と一体となって効力を有します。また、会員規約と個別規定が異なる場合には、個別規定が優先するものとします。なお、個別規定の新設、改定、廃止については、第10条に基づいて会員に通知するものとします。
3
会員は、会員サービスを利用するにあたり、会員規約を誠実に遵守するものとします。
4
当社は、会員の承諾なく会員規約を変更できるものとし、当該変更は、会員規約で別途定める場合を除き、当社から会員へ通知したときに有効になるものとします。

(会員登録)

第2条
会員サービスを利用しようとする者(以下「会員希望者」といいます。)は、会員規約に同意の上、当社が定める所定の会員登録手続きを行い、当社が要求する情報すべてを正確に登録するものとします。なお、登録にあたっては別途定めがある場合を除き、登録料、年会費等の費用の徴収はありません。
2
会員登録手続きは、当社が登録を承認し、登録した旨の通知を会員希望者が届け出たメールアドレスに送信した時点で完了します。
3
前項の手続き完了により、会員希望者は会員となり、当社は会員が当社に届け出た事項(以下「会員データ」といいます。)について登録を行います。ただし、当社は会員希望者(前項の手続き完了により会員となった者を含む。以下同じ。)が、次の各号の1に該当することが判明した場合には、当該会員希望者の登録を承認しない、又は取り消すことができます。
(1)会員希望者が存在しない場合
(2)会員希望者が日本国外に居住する場合
(3)会員希望者が既に会員になっている場合
(4)会員希望者が過去に会員規約違反等によって、会員資格が停止され、又は抹消されている場合
(5)会員登録手続きに際し、当社に届け出た事項に虚偽・誤記又は記入漏れがあった場合
(6)会員希望者が後見、補佐、補助開始の審判を受けており、成年後見人、補佐人、補助人の同意等を受けていない場合
(7)再登録を希望する会員希望者が過去に第3条に定める会員資格の停止、抹消の事由のいずれかに該当する場合
(8)会員希望者が未成年で、入会について親権者の同意を得ていない場合
(9)会員希望者が反社会的勢力若しくは反社会的勢力と何らかの関係を有する者であり、若しくはそのおそれがあると当社が認めた場合又は反社会的行為を行い、若しくはそのおそれがあると当社が認めた場合
(注1)
「反社会的勢力」とは、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者をいう。
(注2)
「反社会的行為」とは、自ら又は第三者を利用した次の各号に掲げる行為をいう。
(1)暴力的な要求行為
(2)法的責任を超えた不当な要求行為
(3)会員サービスのご利用に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
(4)風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて当社の信用を毀損し、又は当社の業務を妨害する行為
(5)その他前各号に準ずる行為
(10)その他、会員希望者を会員とすることを不適当と当社が判断した場合
4
当社及び会員サービス提供者は、次の各号により会員に不利益又は損害が生じた場合であっても、一切の責任を負いません。
(1)前項ただし書の規定により当社が会員登録の不承認又は取消しを行った場合
(2)会員による会員データの不備又は誤りにより会員サービス利用上の支障が生じた場合
5
当社は、個人情報である会員データの扱いについては厳重に取り扱い、外部への漏洩、不正使用がなされないようにします。 個人情報の扱いについては、別途定める「当社サイトの個人情報の取扱いについて」に記載されている事項に従います。

(会員の有効期間)

第3条
会員の有効期間は、原則として当社のサイトの会員サービス提供中は無期限とします。ただし、次の各号の1に該当する場合、当社は事前に会員に何ら通知又は催告することなく会員登録を停止し、又は抹消することができます。
(1)前条第3項各号に定める事由のいずれかに該当することが判明した場合
(2)住所、メールアドレス等の変更により、連絡が取れなくなった場合
(3)会員登録日又は会員サービスの最終利用日から起算し、1年間を経ても再度の利用がない場合
(4)会員規約に違反した場合

(会員データの変更)

第4条
会員は、登録した会員データに変更が生じた場合、速やかに各自で所定の画面からデータの修正を行うものとし、会員データを常に最新、完全かつ正確に保つものとします。
2
会員が前項の修正を怠り、又は誤ったことにより会員サービスの利用に支障が生じた場合であっても、当社は一切の責任を負いません。 また、当社からの通知が到達しなかった場合でも、通常であれば到達すべきときに到達したとみなされることを予め承諾するものとします。

(会員サービス)

第5条
会員は、当社のサイトにおいて、当社が提供する次の各号に掲げる会員サービスを利用することができます。なお、当社は会員サービスのメニューをいつでも追加し、変更し、又は削除することができます。
(1)当社のサイトで提供されるJR券の予約・購入
(2)当社のサイトで提供される旅行商品の資料請求及び予約申込み
(3)当社のサイトで提供されるJR九州からのお知らせメール
2
当社は、会員サービスのご利用状況、居住地及び当社又は当社の関係会社が実施するキャンペーンへの応募状況等の違いにより、特典及び特典以外のサービス・情報等の提供を、特定の会員にのみ行う場合があります。

(会員サービスの中止・中断)

第6条
当社は、会員サービスの運営に関し、必要と認める場合、当社の裁量において、会員サービスへのアクセスを制限することができます。
2
当社は、次の各号に掲げる場合、会員サービスの運営を中止・中断することができます。
(1)会員サービスのシステムの保守を定期的に又は緊急に行う場合
(2)戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、会員サービスの提供が通常どおりできなくなった場合
(3)その他、当社が、会員サービスの運営上、一時的な中断を必要と判断した場合
3
当社は、前項の規定により、会員サービスの運営を中止・中断するときは、予めその旨を会員に通知するものとします。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。

(会員ID・パスワードの管理)

第7条
会員は、会員サービスの提供を受けるあたり、会員IDとパスワードを使用するものとします。 会員IDは会員登録時に入力するメールアドレスとし、パスワードは会員登録時に設定するものとします。
2
会員は、会員登録手続き後、登録した会員ID及びパスワードの管理責任を負うものとします。当社社員が会員のパスワードを会員にたずねることはありません。
3
会員は、会員ID及びパスワードを第三者に使用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買、質入等いかなる処分もしてはならないものとします。
4
会員は、パスワードを忘れたことにより会員サービスを利用できなくなった場合は、当社が用意する所定の画面にてパスワード再発行の請求操作を行い、当社は、登録されているメールアドレスに仮パスワードを送信します。なお、会員データにクレジットカード情報が含まれる場合は、仮パスワードを発行した時点で当該クレジットカード情報を削除します。
5
会員は、会員ID及びパスワードを盗まれたり、第三者に使用されていることを知った場合には、直ちにその旨を当社に連絡するとともに、当社からの指示がある場合には、これに従うものとします。
6
会員が会員の都合により、メールアドレスを変更する場合には、第4条に従い、会員自ら修正するものとします。

(会員の自己責任)

第8条
会員が会員サービスを利用するにあたり自ら行った行為及び自己の会員ID等によりなされた一切の行為並びにそれらに伴う結果について、自らの行為の有無、過失の有無を問わず、会員はその責任を負うものとします。
2
会員が会員サービスを利用するにあたり第三者に損害を与えた場合、会員は自己の責任と負担において当該第三者との紛争の解決を行うものとします。
3
会員が会員規約に違反して当社及び会員サービス提供者に損害を与えた場合、当社は当該会員に対して、被った損害の賠償を請求できるものとします。

(会員規約の変更)

第9条
当社は、事前に会員に通知することなく会員規約を変更できるものとします。当該変更は、別途定める場合を除き、当社のサイト上において掲示することをもって会員に通知したものとし、会員が当社のサイトにアクセスすれば、当該変更があったことの通知を閲覧することが可能となった時に有効になるものとします。変更後は、変更後の内容のみ有効とします。
2
会員規約を変更した場合、当社は、会員が会員サービスを利用したことをもって、変更後の会員規約に同意したものとみなします。

(会員への通知及び同意の方法)

第10条
当社から会員への通知は、当社のサイト上への掲示、会員が届け出ているメールアドレスへの電子メールの送信、その他当社が適当と認める方法により行います。
2
前項の通知が次の各号に掲げる方法によって行われる場合は、当該各号に定める時をもって会員への通知が完了したものとみなします。
(1)電子メール
会員が登録しているメールアドレスに宛てて、当社が電子メールを送信した時。なお、会員は、当社が電子メールで発信した通知を遅滞なく閲覧する義務を負うものとします。
(2)当社のサイト上への掲示
当社のサイトに掲示された時
3
第1項の通知は、通知内容を反映した会員サービスを会員が利用したことをもって、同通知の内容を会員が承諾したものとみなします。

(退会)

第11条
会員が、退会を希望する場合には、所定の画面で退会手続きを行うものとします。
2
退会は、当社が会員からの届け出を受け、当社で必要な手続きをした後、第10条に基づき会員への通知を行った時点で完了します。
3
会員が死亡した場合は、その時点で退会したものとみなします。

(権利の帰属)

第12条
会員サービスに関わるすべてのプログラム、ソフトウェア、商標、商号、サービス、手続き、その他技術・販売方式全般及び情報に関する権利は当社又はそれぞれの権利者に帰属するものであり、会員はこれらの権利を侵害する行為を一切行ってはならないものとします。

(債権譲渡及び債権供担保の禁止)

第13条
会員は理由のいかんを問わず、会員規約及び個別規定に基づき当社に対して有する債権を第三者に譲渡し、貸与し又は担保に供してはならないものとします。

(債務履行責任)

第14条
会員は、第2条第3項若しくは第3条の規定により会員登録の取消し、停止若しくは抹消の措置を受け、又は第11条の規定により退会した後であっても、取消し等又は退会の時点以前に発生した会員規約及び個別規定に基づく債務の負担は、理由のいかんを問わず免れ得ないものとします。

(相殺禁止)

第15条
会員は会員規約及び個別規定に基づく金銭債務を、当社に対するいかなる債権とも相殺することはできないものとします。

(管轄裁判所)

第16条
会員サービス並びに会員規約及び個別規定に関して、当社と会員との間で紛争が生じた場合には、福岡地方裁判所又は福岡簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

(規約の発効)

第17条
会員規約は、日本標準時2017年5月16日午前5時30分から有効とします。